ショップ日記

室名札 ステンレスプレート

こんにちは!

今迄大きな看板のご紹介が続いたので、今日は室名札 ステンレスプレートをご紹介します。

   shitsumeifuda3.JPG

店舗・商業施設・オフィス・学校で、様々な情報を伝えるのが室名サインです。

上記画像は、壁に直接取付けて、どちらからでもわかる側面型です。
トイレ表示等によく使用されています。

アルミにステンレス貼の為、上質感のある仕上がりになっています。

文字はインクジェットシートは勿論、シート切文字でもOK。
シルバーのヘアライン調なので、タックペイントの黒マット、TP40 (マットブラック) で落ち着いた感じの仕上がりになります。

  • 2022.12.08
  • 10:12

自立サイン ポールタイプ FFシート

こんにちは!

以前にもFFシートのご紹介をしましたが、今日は、自立サイン ポールタイプ FFシートのお話です。
  jiritsusign1.JPG  

街中や郊外を車で走っていると、店舗の建物よりも高い所にあるポール看板がよく見受けられます。

この看板の面板も、アクリル板ではなくて、FFシートを使用しています。
看板のサイズは、W3000×H3000あり、アクリル板では継がないといけないのですが、FFシートは継がないで一枚物で使用することができ、継ぎ目のない綺麗な仕上がりになります。
FFシートは定尺サイズに制限されず、様々なサイズへの対応が可能です。

フレームも屋外の使用に適した軽くて錆びにくいアルミフレームを使用しています。

上記右図のように、片面開閉式の為、蛍光灯の交換やメンテナンスも簡単です。

遠くからでもアイキャッチでき、企業や店舗のシンボルとして、街並みの景観を彩ってくれます。





  • 2022.12.07
  • 10:07

ビル用突出しサイン

こんにちは!

今日は、ビル用突出しサインのご紹介です。

  billtsukidashi.JPG

よくビル街を歩いていて眼にする看板です。

中低層ビルのテナント表示に適した寸法で、耐久性や耐風性に優れた高品質サインです。

腐食しにくい高品質なアルミ押出形材(アルマイト仕上)です。

アクリル面板の装着は押縁式、面板の脱着が簡単に出来ます。
中桟の使用でテナント別の分割表示も可能です。

フレーム幅は300mmあり、灯りムラが出にくく均一的に表示面を、発色させます。

昼も夜間も存在感を発揮してくれます。

  • 2022.12.06
  • 09:38

ターポリンとは

 こんにちは!

今日は、ターポリンをご紹介します。

前回、ターポリンのお話が少し出てきましたが、今回は、そのターポリンのお話です。

前回ではターポリンは、横断幕・懸垂幕・日よけ幕に使用されるとご紹介しましたが、耐久性が高く、発色が良い、汚れに強い等の特長があります。

材質は、ポリエステルの繊維を合成樹脂フィルムで加工した、強度の高いビニール系のシートです。

ターポリンは丈夫な為、屋外で使われることが多く、商業施設の壁面に取り付ける懸垂幕や、スポーツ大会での横断幕、建築現場の養生シート等にも利用されます。

種類もスタンダードタイプの他、風対策として網目状になっているメッシュターポリンもあります。
メッシュターポリンは、強風対策が必要な建築現場やビル壁面に適しています。
但し、メッシュターポリンの欠点は、繊細なデザインの場合、網目状のため粗くなってしまう可能性があります。

FFシートと同じく、直接生地にプリントしたり、シート切り文字を貼ったり、
価格が安価な所も魅力の一つです。

  • 2022.12.05
  • 09:56

突出しサイン FFシート

 こんにちは!

今日は、突出しサイン FFシートのご紹介です。

       tsukidashiFF.JPG

通常面板には、アクリル板が使用されますが、こちらは定尺サイズに制限されないFFシートを使用しています。

FFシートとは、「フレキシブルフェイス」の略で、内照看板に使われる拡散幕のことです。
電飾看板の表示面に使用され、白いテント生地のようなコシのあるシートです。

FFシートの利点は、アクリル板と違って、割れないことです。
大きなサイズでも、継ぎ目無しで綺麗に仕上がり、発色がよいのも特長です。
尚且つ、柔軟、軽量なので、安全性の高い素材です。

難点は、表示面の交換が少し難しい所です。
アクリル板の場合は、面板を差し替えるだけですが、FFシートの場合は、看板の四辺のフレームから外側に向けて引っ張るように取り付けます。

よく似た素材にターポリンがありますが、FFシートとターポリンの違いは、光を透すか透さないかの違いです。
FFシートは電飾看板に適し、ターポリンは横断幕・懸垂幕・日よけ幕に使用されます。

FFシートに直にインクジェットでプリントすることも出来ますが、シート切り文字で製作される方も多いです。
タックペイントのシートで言えば、上記画像のブルーは、THS51 (ビビットブルー) やTHM951 (レインブルー)が文字を引き立ててくれます。

今では電飾看板の光源も、LEDが主流なので、発色が良いFFシートがお勧めです。


  • 2022.12.02
  • 10:04

スタンド Aサイン

 こんにちは!

今日は、スタンド Aサインのご紹介です。

  Asign1.JPG 

上記の画像は、左からA型看板の片面タイプと両面タイプです。

屋外対応で、比較的軽量のため持ち運びがしやすく、折りたたみ可能で、場所を取りません。
屋外に置かれる場合は、風及び転倒防止のため、重石のポリウエイトを、上記右図のように置かれることをお勧めします。

サイズは、片面・両面タイプとも W510×H1140×545  面板寸法 W450×H900
重量は、片面タイプ 5kg、両面タイプ 7.7kg です。

置かれる場所や位置によって、片面、両面をお選びいただけます。

店頭に置かれることによって、集客力アップにつながります。

  • 2022.12.01
  • 10:00

スタンドサイン 矢印点滅

 こんにちは!

今日は、スタンドサイン 矢印点滅のご紹介です。

     neonstand.JPG

消費電力の大きい矢印点滅部には、従来に比べ80%ダウンの大幅な省電力を発揮するLEDが使用されています。
矢印があることによって、お店の場所も見つけやすくなります。

平板アクリル面板のシンプルなフォルムで電飾サインの用途が広がります。

サイズは、W564×H1400×550  重量 28kgありますが、キャスター付きなので、ラクに移動ができます。

インクジェットは勿論、タックペイントのシート文字でもOKです。
上記の画像では、THM935 (サンフラワー) の黄色と、文字は非電飾のTP08 (チョコレート) の組み合わせは如何でしょうか?

  • 2022.11.30
  • 10:31

カルプ文字 LED照明

こんにちは!

今日は、壁面サイン LED照明 カルプ文字のご紹介です。

        LEDkarupu.JPG

壁面のカルプ文字に、下からLED照明を当てています。

カルプ文字は、厚みがあり、立体的ですが、下からLED照明を当てることによって、より一層の立体感が出ています。

カルプの厚みは、10t・15t・20t・30t・50tがあり、それ以上の厚みを希望される場合は、貼り合わせとなります。

上記画像は白カルプですが、黒カルプもあり、その他にもシート等を貼って、様々なカラーも楽しめます。

例えば、上記画像で言えば、バックの色に合わせて同色系の、タックペイント  TP663 (ダークネイビー)や、敢えて暖色系のオレンジ TPS213 (バーシモン)等
は、如何でしょうか?

  • 2022.11.29
  • 10:48

壁面サイン LED照明

こんにちは!

今日は、壁面サイン LED照明のご紹介です。

    hekimensign.JPG

デザイン要素の高い壁面サインと均一な照射、シンプルなフォルムが、広告メディアのデザイン性を美しく演出します。

連結して使用することにより、大型の壁面サインにも対応できます。

LEDの出幅が少ない利点を活かして、昼間はスッキリと、夜間は内照式にも劣らない明るさで、メディア面を引き立てています。

地下街の通路等にも、よく見かけられますね。


  • 2022.11.28
  • 09:42

野立てサイン LED照明

 こんにちは!

今日は、野立てサイン LED照明のご紹介です。

      nodatesign.JPG

屋外の看板に、上からLEDの照明を当てています。
LEDはシンプルな薄型フォルムなので、本来の看板のデザインを邪魔にしません。

単体での使用は勿論、連結して更に間口の広い大きなサインにも対応できます。

上記の画像は、W1800のLEDを2本連結しています。

一般的なスポット照明では、全体に光を届けにくいですが、こちらのLED照明なら、光を無駄なく届けることが出来ます。

シンプルな薄型照明なので、照明器具の出幅が気になる野立てサインには最適です。

路面や、隣接地にはみ出さずにスッキリとロードサインを演出します。

  • 2022.11.25
  • 09:53

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ショップ日記

こんにちは!

カッティングシートを1mから切売り販売するショップ
サイン24というお店です。
24時間365日Webから受付しています。

少しずついろんな色を使いたいを叶えるショップができました
これからどうぞよろしくお願いします!
店長日記はこちら >>

ページトップへ